バター猫のつらつらと娯楽

楽しいことは尽きません。

[感想]『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』

この記事にはネタバレが含まれます。ご注意ください。

 

少しずつアベンジャーズ最新作である「インフィニティ・ウォー」のしっぽが見え始めたバター猫です。

 

さて現状でも十分にキャラが多いアベンジャーズシリーズですが、この先どんどん増えるという話なのでゆっくり追っていきたいと思います。

 

というわけで今回はそこに至るまでに最も重要と言っても過言ではないこの作品の感想になります。

 

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ

f:id:butterneko:20181101164349p:plain

 

気になった点

ひとこと言わせてもらうならこの映画はアベンジャーズが絡む物語では現状最高傑作。

正直アメコミヒーローものでここまでの映画があるとは思いませんでした。

 

なのであえてツッコむとすると、一点だけ。

キャプテンとトニーはもっと話し合えばよかったのでは......?

はい、無粋な疑問でしたね。

 

しかし彼らはお互いに頑固なところがあるので話をしたところで穏便にいくとは限りません。映画的な尺の都合もありますしね。

 

面白かった点

全部です。全部

中でも戦闘シーンはヒーロー達の内乱ということもあって見応えが凄まじい

 

キャプテン・アメリカを始めとする近接格闘メインの攻防やビジョン、アントマンなどの能力をフルに活用したバトル等。

映画の尺を贅沢に使った夢のマッチアップも多く、かなり興奮度の高い映画になっています。

 

一方でヒーロー達のそれぞれの価値観や正義感がぶつかり合う脚本もこの映画を傑作足らしめています。

 

キャプテンもトニーも本気のラストバトルは息が詰まるようでした。